磯子の工務店ならお任せ下さい。

横浜磯子区の松下工務店
新築お問合せ
リフォームお問合せ

磯子の工務店【ポイントとFAQ】

磯子区で家を建てるなら、新築からリフォーム工事までどこにも負けない実績がある、松下工務店にお任せください。
小さな工務店で一生暮らす家を建ててもらうことには、不安があるという方の気持ちも重々承知しております。
確かに、多くの工務店では自店で仕事を請け負うことが困難となっていて、全体的に大工へのなり手も少なくなり、後継ぎ問題も業界内では騒がれています。
しかし、我々は40年という長い間、地域で多くのお客様と出会い育

工務店 磯子

てられてきて、今後世代が変わっても、当店を頼ってくれるお客様もたくさんいて、我々も今後も地元の頼れる工務店として、長く営業を継続していく体制をしっかり整えています。
ハウスメーカーで家を建てるのが当たり前となっていますが、その場合も実際に工事を行うのは下請けの工務店です。
下請けを利用しているということは、そこには確実に中間マージンが発生していて、その負担は施主様にかかるという仕組みです。
本当に信頼できる工務店があるなら、そちらを選ぶ方がメリットが大きいことはお分かりいただけると思います。
もちろんハウスメーカー様など、他の施工会社様とプランや見積りを比較していただいても構いませんので、安くて高品質、高デザインの家が欲しい方は、どうぞお気軽にお問合せください。

01工務店の仕事とは

一口で工務店と言っても個人で経営しているところもあれば、大所帯の大企業まで種類はさまざまですが、一般的な工務店の仕事は家を建てることです。
お客さんから依頼を受けると、どのような家にしたいかお客さんと詳しく打ち合わせをして、家の設計を行いますが、個人経営の小さな工務店の多くは、設計は設計事務所に依頼して、施工だけを行うスタイルをとっています。
そのような工務店は営業能力にも乏しいため、今の時代は自分で仕事を受注するのが難しくなってきているのが現実です。
打ち合わせを繰り返し、設計図が完成したら、見積りや仕様書なども併せてお客さんに確認してもらい、OKが出れば契約をして施工に入ります。
大工仕事が工務店のメインの仕事で、棟梁が現場監督となり施工を進めていくのが工務店の一般的なカタチです。
大工仕事は現場管理を含めて多岐にわたり、電気屋さんや水道屋さんや左官屋さんなどの手配や工事の進捗状況などの管理もすべて現場監督である工務店が行います。
工事現場では安全性が求められ、品質もしっかり管理しなければいけません。工程通りに進んでいることも毎日管理して、工期までに現場を仕上げなくてはいけません。
綿密なスケジュールを組んで、資材の発注をして専門業者の手配も工務店が行うのが通常のスタイルです。

FAQ一覧

PageTop