磯子の工務店ならお任せ下さい。

横浜磯子区の松下工務店
新築お問合せ
リフォームお問合せ

磯子の工務店【ポイントとFAQ】

磯子区で家を建てるなら、新築からリフォーム工事までどこにも負けない実績がある、松下工務店にお任せください。
小さな工務店で一生暮らす家を建ててもらうことには、不安があるという方の気持ちも重々承知しております。
確かに、多くの工務店では自店で仕事を請け負うことが困難となっていて、全体的に大工へのなり手も少なくなり、後継ぎ問題も業界内では騒がれています。
しかし、我々は40年という長い間、地域で多くのお客様と出会い育

工務店 磯子

てられてきて、今後世代が変わっても、当店を頼ってくれるお客様もたくさんいて、我々も今後も地元の頼れる工務店として、長く営業を継続していく体制をしっかり整えています。
ハウスメーカーで家を建てるのが当たり前となっていますが、その場合も実際に工事を行うのは下請けの工務店です。
下請けを利用しているということは、そこには確実に中間マージンが発生していて、その負担は施主様にかかるという仕組みです。
本当に信頼できる工務店があるなら、そちらを選ぶ方がメリットが大きいことはお分かりいただけると思います。
もちろんハウスメーカー様など、他の施工会社様とプランや見積りを比較していただいても構いませんので、安くて高品質、高デザインの家が欲しい方は、どうぞお気軽にお問合せください。

01工務店の仕事とは

一口で工務店と言っても個人で経営しているところもあれば、大所帯の大企業まで種類はさまざまですが、一般的な工務店の仕事は家を建てることです。
お客さんから依頼を受けると、どのような家にしたいかお客さんと詳しく打ち合わせをして、家の設計を行いますが、個人経営の小さな工務店の多くは、設計は設計事務所に依頼して、施工だけを行うスタイルをとっています。
そのような工務店は営業能力にも乏しいため、今の時代は自分で仕事を受注するのが難しくなってきているのが現実です。
打ち合わせを繰り返し、設計図が完成したら、見積りや仕様書なども併せてお客さんに確認してもらい、OKが出れば契約をして施工に入ります。
大工仕事が工務店のメインの仕事で、棟梁が現場監督となり施工を進めていくのが工務店の一般的なカタチです。
大工仕事は現場管理を含めて多岐にわたり、電気屋さんや水道屋さんや左官屋さんなどの手配や工事の進捗状況などの管理もすべて現場監督である工務店が行います。
工事現場では安全性が求められ、品質もしっかり管理しなければいけません。工程通りに進んでいることも毎日管理して、工期までに現場を仕上げなくてはいけません。
綿密なスケジュールを組んで、資材の発注をして専門業者の手配も工務店が行うのが通常のスタイルです。

02初めての家づくりで工務店に依頼するときの注意点とは

最近では家の建築をハウスメーカーに依頼する方が増えていますが、一昔前にはほとんど方が町の工務店で家を建ててもらっていました。
工務店というのは地域密着型で新築やリフォームなどの建物の工事全体を請け負う業者のことで、設計を含めて注文住宅における自由度が高いことも特徴として挙げられます。
しかし、冒頭でも触れたように、以前のように工務店に注文住宅の建築を依頼する人が少なくなってきたことから、現在では経営を成り立たせるためにハウスメーカーの下請けを専門にしている工務店も増えています。
工務店は自分たちで直接大工仕事を行うことから、ハウスメーカーに比べて中間マージンの発生を抑えて安く工事をしてもらえるメリットがありますが、下請けを専門にしている工務店に家づくりを任せると、設計能力や管理能力に不安があるケースが多いので注意が必要です。
家づくりを任せるなら、普段から請負専門にしている工務店を選択して、過去の実績なども確認することをおすすめします。請負専門にしている大手の工務店であれば、アフターも保証面も安心です。

初めての家づくりで工務店に依頼するときの注意点とは

03工務店に新築を依頼するときに良くある3つの悩み

1.工務店に新築を依頼した場合アフターが心配
工務店は大手ハウスメーカーなどとは違い個人経営が多く、保証に関する面で質がどうしても劣ることも事実です。
ただし、その分地域に根付いたサービスを提供しているところがほとんどで、顧客のために親身になって相談に乗ったりいろいろなことに対応してくれたりするので、アフターサービスに関しての心配は不要と言えます。
ただし、工務店に様々なタイプがあるので、経営状態を含めて依頼する前に良く調査することをおすすめします。

2.工務店に依頼しても大丈夫
工務店の特徴には技術力が優れている点が挙げられます。
ハウスメーカーや建設会社などとは違い、施工も自社で行うため、余計な中間マージンが発生しないメリットもあります。
長年地元に根付いて新築を請け負ってきた工務店なら信頼性は高く、技術力や豊富な知識やノウハウを持っている可能性が高いと思います。

3.工務店は家しか建てないの?
工務店と言えば家の新築を行うイメージがありますが、マンションやアパートなどの集合住宅や公共施設の建築やリフォーム工事を行っているところもたくさんあります。
それぞれ得意分野があるので、それを確認したうえで依頼するといいと思います。

04工務店の種類を紹介

工務店の種類を紹介

一昔前には家を建てるときには地元の工務店に依頼するのが当たり前でしたが、近頃ではハウスメーカーや建設会社などに住宅の建築を依頼する人が増えています。
そのため、営業力が乏しい工務店は今までのままでは生き残れなくなり、いろいろな業態を取ることを余儀なくされています。
工務店にもいろいろな種類があって、その中で昔ながらの業態で営業しているのは「独立自営型」の工務店です。自分たちで注文住宅の設計・施工を請け負い、融資の相談や各種保険にも対応可能となっています。
最近増えているのは「下請け型」の工務店で、ハウスメーカーや建設会社や不動産会社などから仕事をもらって、施工だけを担当しています。
ハウスメーカーや建設会社が家の建築を請け負っても、結局実際に家を建てるのは工務店をはじめとする職人なので、工務店に仕事がなくなることはありません。
工務店では何とか生き残るためにいろいろな工夫をしていて、中にはリフォームを専門に請け負い、リフォーム会社に転身しているところや、自社で建売住宅を建築して販売している工務店もいます。
技術力の高い工務店は、特に営業しなくても口コミで集客できるようにもなっています。

05横浜市磯子区を中心に新築・リフォーム工事に対応

横浜市磯子区に拠点を置く工務店で、横浜18区や川崎市、鎌倉市、横須賀市、平塚市、茅ケ崎市などにも対応しています。
磯子区は横浜市を構成している18行政区の一つであり、市の東南に位置している2021年7月時点で人口約16万6千人の街です。
区内の大部分は宅地化されていますが、南部の円海山周辺には緑地も残されていて、美しい自然も楽しめるようになっています。
磯子区の街では何度も埋め立てが行われて、横浜市の中でも最も相貌を変えてきました。
以前は内陸に海が大きく迫り海苔の養殖が行われていて海水浴にも多くの人たちが訪れていましたが、日本の高度成長の過程で工業化へ大幅に舵を切り、海を工業用地にどんどんつくり変えていきました。
その後は海水浴ではしゃぐ人たちに代わり、工場から出る白い煙と自動車が行きかう光景だけが目立つようになり、沿岸部の雰囲気は大きな変化を遂げました。
かつての磯子区は湾岸沿いに料亭が立ち並ぶ花街で、有名な料亭である「偕楽園」などは海軍御用達として戦時中の食糧事情の悪いときにも豊富な食材を扱っていたとされています。たくさんいた芸者たちも、工場化が進むにつれ姿を消していきました。

06工務店で家を建てた場合の建築費用の相場はどのくらい?

マイホームが欲しくてハウスメーカーなどの広告やチラシを見ていると、一戸建ての建築費の目安として「坪単価○○円」という表記を良く目にすると思います。坪単価とは、建物の建築費を延床面積で割った1坪(約3.3u)あたりの価格のことで、たとえば、50坪の延べ床面積の家を建てるのに坪単価が50万円だとすれば、建築費は2,500万円ということになります。一般的には坪50万円が目安となり、それより数字が大幅に大きければ高級な資材や設備を使用する高級住宅だと想像がつき、大幅に数字が低ければ企業努力や使用する材料費などを押さえた家が建つことが予想できます。

工務店で家を建てた場合の建築費用の相場はどのくらい?

坪単価をいくらにするかは、法律による定めがないため、業者側が自由に決めることができます。
気になる工務店に家を建ててもらう場合の建築費用ですが、こちらも坪50万円を目安にすれば良いですが、ハウスメーカーなどと違って工務店では自分たちで大工仕事を直接行うケースがほとんどなので、中間マージン分を浮かせることが可能になります。
したがって、坪30〜40万円程度でマイホームの建築を請け負ってくれる業者も少なくありません。ただし、坪単価が安いだけで依頼先を選択することには問題もあるので、必ずいろいろな面で信頼できる業者に家の建設を依頼してください。

07工務店に家の建築を依頼するときの3つの注意点とは

01品質が一定でないことが多い

工務店では大手ハウスメーカーのようにシステム化されていない一品生産で家を建てているところが多いため、どうしても品質は一定でないという点がデメリットにもなります。
品質が一定でないとトラブルが起きたときの対処法に困る可能性も高くなり、正確な対処方法も見いだせないことにもなりかねません。
ただし、一品生産はオリジナル性が高いなどのメリットも多いです。

02メンテナンス費用が高くなりやすい

システム化されていない一品生産の工務店では、どうしてもメンテナンスも複雑になる可能性が高いので、そのための費用が高くなってしまいがちです。
特に設備などに汎用性がないものを選択している場合は、メーカーでなければメンテナンスできないケースも多く、費用以外にも時間がかかる可能性も高くなります。

03倒産のリスクが高い

工務店全てに言えることでありませんが、大手ハウスメーカーや建設会社などと比べると、小さな工務店はどうしても倒産リスクが高いです。
家がまだ完成していないのに倒産すると、最悪マイホームが夢となってしまうことも考えられます。
そのため、工務店で家を建てるときには、工務店の将来性や経営状態や後継ぎの有無などを確認することをおすすめします。

08家を新築してもらう工務店はどうやって選べば良いの?

家を新築してもらう工務店を選ぶときには、普段から注文住宅の建築を数多く手掛けているかどうかが大きな判断材料となります。
工務店だから家を建てるのが仕事じゃないの?と不思議にも思う方も多いでしょうが、今の時代に工務店で注文住宅の請負の仕事だけを自力で獲得できているところは多くはありません。
一昔前は工務店が家の新築を請け負っていましたが、現在はハウスメーカーがメインとなって、工務店はその下請けに回って生き残っている現状があります。
工務店自身が注文住宅を受注できなくなったのには、組織力だけではなく棟梁の高齢化やデザイン力の乏しさがあります。
つまり、自分たちでいまだに注文住宅の受注をたくさんできている工務店は、組織力もデザイン力もあって、それに加えてハウスメーカーにはない匠の技を持っている可能性が高いことになります。その他にも良い点をいろいろ秘めている可能性が高いです。
ハウスメーカーにもそれぞれのカラーがあるように、工務店にも特徴があるので、家を新築してもらうときには過去の実績も確認して後悔しないようにしてください。

09ハウスメーカーとの違いに関することでよくある相談

ハウスメーカーとの違いに関することでよくある相談

家を新築する方は、その前にインターネットは本などからいろいろな情報を集めて、住宅展示場なども回って施工会社を選択しますが、その際に工務店とハウスメーカーの2択で頭を悩ますケースも多いです。そのような人たちからよくある相談に、工務店とハウスメーカーの違いに関することがあります。
ハウスメーカーは、一般的には独自のブランを持って、全国展開しているような大規模な会社のことを指します。
全国に支店や営業所があって対応エリアが広く、家の規格や仕様が統一されていることから比較的工期もスムーズで進み、保証もしっかりしていて一定の品質も保たれている安心感が得られやすいです。
これに対して工務店は、個人経営がほとんどで、地元に根付いて家を建てている傾向にあります。ハウスメーカーに比べて資本力も弱く、いつ廃業するかなどの不安がハウスメーカーよりも抱きやすい点も工務店の特徴です。
しかし、工務店にも良いところはいろいろあって、地域密着型なので対応が早い、間取りやデザインなどの自由度が高い点も大きな魅力です。
また、ハウスメーカーの中にも一定の地域に限定して営業している会社も多く、確実な安定感があるというわけではありません。

10工事に関することでよくある3つの質問

質問 工事費以外で直接工務店に工事を依頼するメリットは?
回答 工務店に直接工事を依頼すれば、中間マージンが掛からない分工事費用を安くできますが、メリットはそれだけではありません。
たとえば、ハウスメーカーやリフォーム会社を挟まないで工務店に直接依頼すれば、全て自社施工になるため大工さんも仕事に気合が入ります。
現場の責任感も下請けのときとは異なり、親身になっていろいろな相談に乗ってもらえることになります。
質問 工務店の家づくりの特徴は?
回答 工務店はハウスメーカーなどとは異なり、地域密着型のケースが多いため、身近で連絡がとりやすくという特徴があります。
家の工事の大部分は工務店が行うため、何かあったときには話が伝わりやすく、すぐに対応してもらえることも大きな特徴です。
スピード感ではどうしても工務店がハウスメーカーよりもうえで、対応力の良さも魅力です。
質問 工務店に家の建築を依頼するデメリットは?
回答 工務店はどうしても小規模組織であることが多いため、大手ハウスメーカーや建設会社などと比べるとどうしても資本力が弱く、倒産リスクが高くなります。また、後継ぎ問題もあって、アフター面での不安も高くなります。
それらの不安を少なくするには、経営状態が良く後継ぎ問題もクリアできている工務店を探すと良いです。

11業者を選ぶ際に気をつけるべきこと

POINT マイホームの建設を工務店に依頼する場合は、住宅建設の請負実績があるかどうかが非常に重要なポイントになります。
一昔前だと地元の工務店が家を建てるのが当たり前でしたが、今の時代はハウスメーカーがマイホームを建設するのが主流となっていて、他にも建設会社や設計事務所やリフォーム会社など、新築住宅の依頼候補はたくさんあります。
現状はハウスメーカーなどの下請け専門になっている工務店が多く、そのような工務店に住宅の建設を依頼すれば、時代遅れの家を建てられてしまうなど、自分が想い描くように仕上げてもらえない可能性が高くなります。
その点、現在でも自分たちが元請け業者として活躍している工務店なら、デザインも含めて時代に合った家を建ててもらえる確率が高いので、安心してマイホームづくりを任せることができます。
ただし、どうしても大手ハウスメーカーなどと比べると、個人経営の工務店の場合は経営面や将来性に懸念材料が多いので、何かあった場合の保証面やアフターケアやこの先長く経営を存続できるかどうかについて、しっかり調査したうえで依頼することをおすすめします。将来性については、若い後継者がいるなら安心です。

12覚えておきたい建築用語

工務店に家の建築を任せるときには、事前に細かい打ち合わせが必要となり、しっかり工事をしているかどうかを確認するためには、現場に出向く必要があります。頻繁に現場に行くのは作業の妨げにもつながるので避けた方が良いですが、打ち合わせや現場での確認作業で覚えたおきた建築用語をいくつか紹介します。
「見切り」という言葉は現場でも良く使われますが、これは床や壁などの仕上げ材を違う材料に変える際に、境目がキレイに収まるように使用することを指しています。そのために使用する材料は「見切り材」と呼ばれています。
見切り材は見た目にも大きく関係することも多いため、こだわりがあるなら見切りの仕方もきちんと確認することをおすすめします。
現場に行くといろいろな専門用語を耳にしますが、「ウマ」とは動物の馬ではなく、主な内装業者が使用する作業足場のことです。踏台が馬の背のように長いことからそう呼ばれていて、「馬足場」とも言います。
「逃げ」とは、逃走するという意味ではなく、建物の狂いや、施工時にある程度の誤差が出ても部材をしっかり納められるよう、一定の隙間を確保しておくことを指していて、「遊び」や「クリアランス」と呼ぶこともあります。

FAQ一覧

お役立ち情報

工務店に家の建築を依頼するとどんなメリットがある? 大手ハウスメーカーよりも工務店で家を建てるメリットについて解説しています。
工務店でなければ得られないメリットが紹介されているので、工務店の良さを知りたい方にはかなり参考になる内容になっています。

PageTop