横浜のリフォームならお任せ下さい。

横浜磯子区の松下工務店
新築お問合せ
リフォームお問合せ

横浜のリフォーム【ポイントとFAQ】

横浜でリフォームをお考えの方は、多くの工事実績と豊富な専門知識と技術をもつ、松下工務店にお任せください。
どんなに小さな工事でも、当店にご依頼いただければ、どこにも真似できない大満足の結果をお出しいたします。
新築工事とは違いリフォーム工事は、建物によって築年数はもちろんですが、構造や間取りやそこで暮らしてきたご家族のライフスタイルもまったく異なります。
したがって、まずはそこで暮らすお客様の意見を重視して、建物の構造や状態などはプロがしっかり把握した上で、ベストなご提案をさせていただきます。

リフォーム 横浜

リフォーム工事をする上で、多くの方が気になるのが費用面ですが、こちらもご予算に合わせたベストを導き出し、お客様にご納得いただいた上で工事を開始いたします。
40年という経験と、若いスタッフの新しい発想を兼ね備えた、当店独自のプランと技術をお届けいたします。
ご相談から設計、プラニング、施工まで、すべて自社で担当いたしますので、間違いが起こる可能性も低く、余計なマージンが発生する心配もありません。
リフォームから新築まで、家のことなら何でも無料でご相談に乗らせていただきます。
知らなかった目からうろこの情報を、きっと得られると思いますので、まずはお気軽にお電話ください。

01横浜で新築・注文住宅・リフォーム工事で40年の実績を持つ工務店とは?

横浜は新築よりも中古物件の方が多いと言われています。新築より値段が安く、間取りがよい物件を購入され、リフォームされる方は少なくありません。築年数が多少古くてもリフォームすれば新築のように見栄えが良くなり、自分好みに出来るのが大きなメリットです。また、新築を購入した場合でもお子様の成長と共に間取りの変更を行ったり、水廻りの劣化に伴いリフォームされることも多々あります。購入時と同じ状態で何十年と住む方が珍しく、物理的にも難しいと言えるでしょう。
リフォームをお考えになった時、どの業者に依頼するかが最大のポイントです。決して安くはないリフォーム費用ですから、使いやすく丈夫で、長持ちし、素敵なデザインを求めたいもの。
横浜の磯子区で40年以上、地域の皆様のお住い、生活を支えてきた工務店があります。こちらの工務店は注文住宅の設計・施工工事を行っていることから動線を踏まえた快適な家づくりをしています。部分的な工事を行うリフォーム専門業者とは大きく異なるスキルの高さと、技術、豊富な経験を生かし、お客様のご相談に様々な提案が出来る会社です。
40年を超える実績がお客様からの信頼の証と言えるでしょう。

02リフォームかリノベーションか検討中の方、業者を利用するのが初めての方

住宅の老朽化により不具合や故障、機能低下が多く見られる場合、その改善にリフォームやリノベーションを検討されると思います。
どこまで希望に合う家づくりが実現するか、その内容により費用や工事規模も変わります。さらには現在のお住いの構造や状態によっても工法が変わってくるため検討することは多岐に亘るでしょう。リフォームかリノベーションか悩まれている方にその違いをご説明しましょう。
リフォームは改修・修繕作業を指し、壁紙クロスの張替えや外壁塗装、屋根の葺き替えや雨漏りの修繕、キッチンや浴室のリフォーム、床材の張替えなど様々で、部分的な改修が必要な場合に選択するのがリフォームです。リノベーションは新たな機能を加え、性能や快適さを改良することであり、空間を広げ、デザイン性を凝らしたり、現代的なスタイルに間取りや内外装を変更することです。耐久性や耐震性を高める補修もリノベーションの一つです。全てを解体し躯体構造だけにしたスケルトンの状態で改修を行うケースも多く、工事規模が大きいのが特徴です。
いずれのケースでも家づくりを一から行っている業者に依頼することで幅広い視野からの提案が受けられ、満足度の高い工事となるでしょう。

リフォームかリノベーションか検討中の方、業者を利用するのが初めての方

03リフォーム工事における3つのお悩みについて

リフォーム工事には、現在お住いの家のリフォームや中古物件を購入されてリフォームを行う場合があります。さらには全面リフォームなのか、部分リフォームかによっても費用や工事規模が変わるため、予算と合わせながら検討されることになるでしょう。
リフォーム工事におけるご相談の中から、3つのお悩みにフォーカスしてみました。

1.全面リフォームする場合、工事費以外の想定費用はありますか?
→全面リフォームは、間取りを変更せず水回り設備の交換、壁紙・フローリングの張替え、屋根や外壁などの塗装工事が一般的です。
工事期間中、家に住めない規模のリフォームであれば仮住いを確保する必要があり、家具などを保管するスペースも必要です。トランクルームのレンタルや仮住い費用、家具を移動する為の引越し費用が発生します。

2.介護リフォームはどの工務店さんでも出来ますか?
→介護リフォームを行う場合は、介護保険から工事費用の一部が補助される制度があります。介護リフォームの施工実績が多い会社では補助金申請にも慣れているため、工事も含めてスムーズに進めることが出来ます。

3.建て替えとリノベーションはどちらがお得ですか?
→リノベーションは躯体や構造を残して工事を行うため、建て替え工事よりも費用を抑えることが出来ます。解体費用や廃材の排出費用が削減できるためです。
築年数が古く、新耐震基準を満たしていない場合は大掛かりなリフォームが必要となることもあります。現地調査を受け、工事内容について見解を聞いてから十分検討する必要があるでしょう。

04リフォーム工事の種類について

新築で住み始めたお住いも経年と共に劣化が現れ、早ければ15年を過ぎる頃からどこかに不具合が見えるようになります。小さな修繕で済むこともあれば、リフォームの必要性が出たり、まだ使えるがリフォームしてイメチェンしたいというケースもあります。
ご家庭のリフォーム工事は実に様々な種類がありますが、ここで改めて見てみましょう。
●水廻りリフォーム キッチン/トイレ/浴室/洗面所
●内装リフォーム 床・フローリング/床暖房リフォーム/壁紙張替え/収納リフォーム
●外構リフォーム 外壁塗装/屋根リフォーム・葺き替え工事/ブロック・フェンス工事/駐車場・駐輪場リフォーム/玄関ドア/玄関アプローチタイル・手すり付け工事/ウッドデッキリフォーム/窓・二重サッシリフォーム/アルミ窓・雨戸取り替え
●その他 介護リフォーム/オール電化リフォーム
以上のようなリフォーム工事が挙げられます。
各住宅により、建物の構造や間取り、築年数、家族構成、ライフスタイルが異なります。お客様のご相談に、これらの要素を反映させ、使いやすく快適で、愛着が増すリフォームを実現してくれることが理想です。
小さな工事でも丁寧に対応してくれて、気軽に相談できるような工務店が適しているでしょう。

05横浜の工務店のリフォーム工事対応エリア

横浜市磯子区で会社を立ち上げてから40年の歴史を持つ工務店があります。大工歴50年の親方を筆頭に、経験豊富な職人を要し、若い職人へ技術や知識を継承する理想的なスタイルを大切にされています。
住宅は建築して終わりではなく、依頼されたお客様から20~40年後にメンテナンスやリフォームの依頼を頂ける工務店でありたいと、お客様とのお付き合いを重要視しています。そのためには、お客様からご満足を頂ける仕事をしなくては実現しません。どのような小さい工事であっても誠実に適切に対応し、満足度の高い工事品質を維持してきたからこそ、40年という時を刻むことが出来たのだと考えられます。
小さな工務店が地域で変わらぬ信用を得てきた理由が、"工務店としてのお住いへの責任"を担ってきたからだと感じます。
横浜地域の皆様で工務店をお探しの際は、お気軽にご相談されるとよいでしょう。
工事対応エリア
横浜市
鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区・港南区・保土ヶ谷・旭区・磯子区・金沢区・港北区・緑区・青葉区・都筑区・戸塚区・栄区・泉区・瀬谷区
神奈川県
鎌倉市・藤沢市・横須賀市・平塚市・茅ヶ崎市・川崎市

06横浜の工務店でリフォーム工事を行う場合の費用目安

リフォームを行うのは既存のモノの劣化が見られたり、使い勝手が悪い、家族構成の変化による場合や、イメージチェンジなど理由は様々です。最新のシステムやオシャレなデザインにリフォームするとご自宅への愛着が増し、お家時間が楽しくなります。
そこで気になるのはリフォーム費用ではないでしょうか。
横浜の工務店にリフォーム費用の目安をお伺いしました。リフォーム工事の一例として参考としてください。

横浜の工務店でリフォーム工事を行う場合の費用目安

キッチンリフォーム(システムキッチンへの交換)
工事期間:2日
サンウェーブ製アミィW2100 
工事費用計:\560,000(税抜き)
費用に含まれるもの/製品代、解体費、組立費、パネル材費、水道費、ガス費)

トイレリフォーム(和式から洋式トイレに変更)
工事期間:1日
TOTO製ピュアレストQR、床:クッションフロアー仕上げ、壁:一部パネル仕上げ
工事費用計:\213,000(税金・諸経費除く)
費用に含まれるもの/和式便器・床解体費、水道・電気工事)

浴室リフォーム(タイル張り浴室をユニットバスに変更)
工事期間:5日
TOTO製バスピア171サイズ、暖房換気扇、アクセントパネル、ロールスクリーンはオプション設置
工事費用計:約\1,060,000(給湯器交換費含まず)

07横浜の工務店でリフォーム工事が選ばれる3つのポイント

リフォーム工事は各住宅により、建物の構造や間取り、築年数や周辺状況、家族構成やライフスタイルの違いから、一つの工事でも各住宅によりそれぞれ異なります。そのため、工事の仕方や工程、提案、料金も一定ではありません。
横浜にある老舗の工務店では新築住宅の建設からリフォーム工事まで、お客様の住まいづくりを支えてきました。
こちらの会社でリフォーム工事が選ばれる3つのポイントをご紹介しましょう。

01安心価格

ご相談から工事着工までの見積り、提案プランニング、設計を自社で担当し、工事着工から完了までの施工も自社の大工が工事に携わります。全てを直接施工しているため余計なマージンが省け、より安くお客様に提供することが可能です。

02地域密着型の営業

施工エリアは横浜市磯子区を中心に車で一時間以内を目安にしています。お客様がお気軽に相談でき、急な仕事も迅速に対応するため、地元密着型の工務店にこだわっています。

03安心のアフターサービス

工事完了からのアフターケアも設計者・大工が責任をもってフォローしています。年に一度必ず、お取引して頂いたお客様宅に訪問し、あいさつ回りを行うほか、気になる箇所の点検にも快く対応しています。
お客様との信頼関係を大切に、つながりを築かれていることが会社の長い歴史に反映していると言えるでしょう。

08横浜の工務店でリフォーム工事を依頼する利点、他社との違い

住宅リフォームを検討されるとき、どこへ工事を依頼するか悩まれることでしょう。
「リフォーム工事」に対応している会社がリフォーム全般を請け負っているとは限らず、水回りの設備交換を専門としているところもあれば、エクステリア工事、外壁・屋根のリフォーム工事の専門業者、バリアフリーのリフォームに強いところなど、得意分野が異なることがあります。そのため、ご自身が検討されているリフォーム工事を安心して任せるためには、その工事を得意としている会社であるか事前に調べる必要があります。
横浜にある工務店は、新築の家づくりを一から行っている地域密着型の工務店です。大工歴50年の親方から若い職人に技術や知識を伝えていく、都会では珍しい昔ながらのスタイルを継続しています。
住宅の構造を十分理解した職人がリフォーム工事にも携わるため、安定した施工・工事品質が期待でき、あらゆるリフォーム工事に対応できる点も他にはない強みと言えるでしょう。
建物の構造や間取り、築年数、周辺状況、家族構成、ライフスタイルの違いを踏まえ、各住宅に合ったリフォーム工事を基本とし、長く安心して暮らせる住まいづくりに尽力されています。

09横浜の工務店へのリフォーム相談事例

住まいは千差万別で一つとして同じではありません。マンションや建売住宅といった規格建築であっても住むご家族が異なり、生活スタイルも違います。
リフォームのご依頼が多い工務店においても、まずはご依頼者様のお住いを拝見し、構造を十分に理解し調査した上で、適正な工事の提案を行うそうです。横浜の工務店にリフォーム工事の相談事例をお伺いしました。

横浜の工務店へのリフォーム相談事例

タイル張り浴室をユニットバスに変更したいとのことで弊社にリフォームのご依頼を頂きました。解体工事を進めていくと洗面所と浴室の境にある柱がシロアリ被害に遭っていることが判明し、出窓部分には水が回り腐食していました。そのため、柱の入れ替えや下地の交換、防虫処理、耐震金物補強を行い、万全の状態となった上でユニットバス入替を致しました。
TOTO製のユニットバスに交換したことで、ゆったりとお風呂に使っていただけるほか、冬場に足が冷えてしまうタイルとは異なり、足当たりの良い床材を採用しました。洗面所の床材もリフォームしたことで清潔感が増し、過ごしやすい空間になりました。
冬のお風呂が寒かったとお話しされていた奥様でしたが、ご使用された翌日に、「以前のお風呂が思い出せないくらい気持ちよくお風呂に入れました」と明るい声でお電話を頂き、大変嬉しかったです。

10横浜の工務店へのリフォーム相談でよくある3つの質問

キッチンや洗面所、トイレや浴室と言った水回り、玄関周りや柱なども、経年とともに劣化が見られるようになります。小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、お子様がおもちゃをぶつけてしまったり、いたずらなどで床や壁、家具へダメージを与え、傷やスレが目立っていることもあるでしょう。適時、メンテナンスしながら維持していく必要があります。
お客様からのリフォーム相談に数多く対応されている横浜の工務店に、よくある3つの質問をお聞きしました。
質問 トイレをフルリフォームしたいのですがどのくらいの日数がかかりますか?
回答 トイレが使用できないと生活に大変不便ですので、リフォーム期間を質問頂くことがとても多いです。壁紙や床材のリフォームを合わせても工期は1日で完了します。
質問 窓の防犯対策の相談は出来ますか?
回答 空き巣被害が絶えない昨今、防犯対策へのご相談が増えています。窓からの侵入が圧倒的に多いことから、窓の位置を確認し、場所に応じた対策が必要となります。1階であれば防犯ガラスへの交換や、雨戸の設置もアイデアの一つです。また、2階であれば面格子を取り付ける等の対策も取れます。
質問 ガスコンロからIHヒーターへの交換はお願いできますか?
回答 IHヒーターへの交換やオール電化へのリフォームのご依頼を数多く頂き、リフォーム対応しています。IHヒーターは、お手入れしやすく家事の時短に繋がります。また、オール電化により光熱費の節約が出来るほか、基本料金が一本化でき、災害時にタンク内の水が利用できるなどのメリットもあります。

11横浜でのリフォーム業者選びの注意点

POINT リフォーム業者を選ぶ際には業者の特徴をよく知ることが大切です。業者によって得意分野に特化している場合もあれば、新築住宅の建設を行っていることから幅広い工事を可能としている工務店のリフォームもあります。ここでは、リフォーム業者選びの注意点をいくつか挙げてみましょう。

●資格を保有している業者であるか
リフォーム工事において資格を必要とする工事は水道工事、ガス工事、電気工事です。その他の工事においては基本的な請負金額が500万円未満の場合には資格を必要としませんが、優良とされる業者は複数の資格を保有しています。また、インテリアコーディネーターが在籍したり、介護リフォームのサポートを行っているなど、お客様にプラスアルファを与えるサービスがあることも業者選びのポイントとなるでしょう。

●施工実績が豊富な業者であるか
施工実績の数は工事品質や信頼に比例すると言われています。ホームページなどに施工実績を載せているか確認して、写真などもチェックしてみましょう。ご自身が希望するリフォームと同じ施工工事を数多く経験している業者であればイメージしやすく安心できるでしょう。

●工事保証やアフターサービスに対応しているか
リフォーム工事の中には難易度の高い工事もあり、きちんと工事をしていても後に不具合が起こる場合もあります。そのような時に工事保証があれば費用の心配がなく修理を依頼することができますし、メンテナンスサービスに対応してくれる業者であれば気軽に問い合わせが出来ます。

12リフォーム工事における建設用語の解説

住まいのリフォーム工事をお考えの方は、色々な工事事例をリサーチされ、デザインや工事内容を検討されると思います。
ここでは、リフォーム工事で耳にすることの多い建設用語に注目し、いくつか取り上げて解説しましょう。

●屋根葺き替えリフォーム
屋根の葺き替え(ふきかえ)とは既存の屋根材や野地板などを全て撤去して新しい屋根材に張り替えることを意味します。
耐震対策の一つとして、重さのある日本瓦から軽い屋根材に葺き替えリフォームされる方もいます。

●F★★★★(エフ・フォースター)
建材や家具にも使用されている等級表示のことで、Fはホルムアルデヒトの略です。
有害化学物質であるホルムアルデヒトの発散量を表し、星の数が多いほど発散量が少ないことを意味します。
ホルムアルデヒトは皮膚や粘膜に対する刺激が強く、発がん性があると言われ、シックハウス症候群にも大きく影響すると考えられています。このため使用が規制されるようになり、表示記号が用いられるようになりました。

●エコカラット
エコカラットは、粘土鉱物などの複数の原料を焼成したタイル状の内装壁材です。高温多湿な日本の気候において住宅内を快適な湿度に保つ調湿機能を備え、気になる臭いやカビやダニを抑える効果を発揮します。
水拭きで簡単に手入れができ、デザインが豊富な点からも需要が伸びている壁材です。

FAQ一覧

お役立ち情報

リフォーム工事をするときのコツ リフォーム工事を絶対失敗したくないと方からの、工事を成功させるコツを教えて欲しいという質問に答えています。
現状の住まいの不満をリストアップして、今だけでなく長期的な視点で考え計画を立てる重要性について解説しています。

PageTop