新築工事・構造&金物

横浜磯子区の松下工務店
新築お問合せ
リフォームお問合せ
構造体材料

松下工務店で推奨する、木造在来工法では、主な材料は以下のものを使います。各住宅により(2For3Fなど)サイズ等の変化はあります。

土台 厳選ヒノキorヒバ120角 隅(通し)柱 厳選ヒノキorスギKD材
120角
管柱 厳選スギKD材 105角 火打土台 厳選ツガ 105×45
胴差・梁 厳選マツKD材
105×105〜350
軒桁 厳選マツKD材
105×105〜150
母屋(束) 厳選ツガ 90×90 棟木 厳選ツガ 90×90
筋交い 厳選ツガ 90×45 構造壁 マツ針葉樹(構造用合板)
構造壁・金物の設置

上棟から約2週間後の中間検査(役所検査&10年保証検査)までの間、構造計算上必要な金物や構造壁を先行して補強していきます。
木造軸組構法は伝統工法から引き継がれた継手・仕口といった、ほぞ・ほぞ穴による接合方法を基本としています。
阪神大震災の倒壊した住宅は、建築基準法改正前(昭和56年以前)の建物であり、柱等が折れたのではなく、こうした“ホゾ”の接合部が『抜けた』ことによります。
接合部には、構造計算により多種多様な金物を適材適所に取り付けていきます。
また、枠組み(2×4)工法の良い点を取り入れ、構造壁をこれもまた、構造計算により取り付けていきます。

港南区S様邸構造体の様子

港南区S様邸構造体の様子

磯子区Y様邸構造体の様子

磯子区Y様邸構造体の様子

鶴見区O様邸構造体の様子

鶴見区O様邸構造体の様子

金物写真例

羽子板ボルト
 

羽子板ボルト

梁が外れて脱落するのを防ぐための金物で、梁の両端部に取付けます。

エーステンプレート(VP)
 

エーステンプレート(VP)

梁と柱が外れて脱落するのを防ぐための金物で、梁と柱両端に取付けます。

エーステンプレート
筋交いプレート

エーステンプレート

梁と1F柱上部、梁と2F柱下部の接合補強。

コーナー金物
 

コーナー金物

エーステンプレートと機能性は同様。適箇所に取り付け。

エーステンプレート
筋交いプレート

エーステンプレート

筋交いがより機能するため、上下部に筋交い材・柱・梁(土台)3点に取り付け。

羽子板ボルト・筋交いプレート
ホールドコーナー金物

羽子板ボルト・筋交いプレート

ホールドコーナーは、エーステンプレートや、コーナー金物と同様の機能性ですが、強度が必要な場所に取付けます。

ホールドダウン金物

ホールドダウン金物

1F柱上部と、2F柱下部の接合補強するための金物。

ホールドダウン金物

ホールドダウン金物

1F柱上部と、2F柱下部の接合補強するための金物。

ホールドダウン金物

ホールドダウン金物

基礎時に固定されていたボルトと柱を緊結し、基礎と柱が一体化させます。

構造壁写真例

構造壁とは、梁(土台)・柱(左右2本)・梁を“面”で補強する方法です。精密な作業が必要で、釘の種類、釘のピッチまで決まっています。

構造壁写真例
構造壁写真例
構造壁写真例
筋交い写真例
筋交い写真例
筋交い写真例
筋交い写真例

105×45の筋交いを、ダブルに取り付け、筋交いプレートで緊結します。

外壁側に構造壁を取付けています。

<中間検査> 建築確認中間検査・瑕疵担保保証検査
厳密検査

■厳密検査

構造壁・金物・建物配置など着工前の図面・仕様通りに工事が進められているかを厳密に2回検査を行います。検査合格後、次の工程に進みます。

横浜の松下工務店では、皆様からのお見積りやお問合せをお待ちしています。

このページの先頭に戻る