横浜の実家をリフォームするか新築か|横浜エリアの新築注文住宅・リフォーム工事なら、松下工務店(磯子区)にお任せください。

横浜磯子区の松下工務店
新築お問合せ
リフォームお問合せ

質問

横浜の実家をリフォームするか新築か迷っています

両親と同居することになりました。
実家をリフォームして一緒に住むか、新築で建て直す方がいいのか迷っています。
今建っている家は古いので、水回りはもちろんですが、そのほかの部分もいろいろと手直しが必要になってくると思います。
また、建築当時と今では耐震性能の基準も変わっているので、そのあたりもリフォームしただけで安心な家になるのかどうか心配です。 潔く新築にすれば一番後悔がないのかな、とも思うのですが、家への思い入れもあってもったいないような気もしてしまい、今のところリフォームに気持ちが傾いています。

回答

リフォームでも耐震補強できます

1981年より前に建てられた住宅は「旧耐震基準」による構造なので、耐震補強工事をすることをおすすめします。
リフォームと同時に耐震強化される方も多いです。
具体的には基礎補修、壁の追加、土台の改善、接合部の補強などが挙げられます。
実際にご自宅まで見積もりや耐震診断に来てくれる業者に依頼し、新築とどちらが良さそうか相談するのが良いと思います。
よほど問題がない限り、リフォームで耐震性能と住みやすさの両方を実現することは可能です。
それでも金額が新築を上回ったり、工事をするにあったて問題があればプロの視点から新築をすすめられることもあるかもしれません。 当店でもご相談にのれますので、お気軽にお問合せください。

PageTop