工務店とハウスメーカーの違い|横浜エリアの新築注文住宅・リフォーム工事なら、松下工務店(磯子区)にお任せください。

横浜磯子区の松下工務店
新築お問合せ
リフォームお問合せ

質問

工務店とハウスメーカーってどう違うのでしょうか?

横浜に注文住宅を建てて生活したいと考えています。
また、将来的な希望なので、すぐにすぐというわけではないので色々情報収集をしている段階なのですが、1つ質問があります。
よく「工務店」と「ハウスメーカー」という言葉を目にするのですが、工務店とハウスメーカーにはどのような違いがあるのでしょうか?

回答

営業規模の違いが一番わかりやすいです

少し前までは「工務店=地域密着型」、「ハウスメーカー=全国規模」というイメージが一般的な認識でした。
しかし、最近では工務店と一言で言っても、事業規模やエリア規模によって分けられることがあります。
最もイメージが強い工務店と言えば、地元に1社だけある地元の工務店ですね。
営業エリアとしては、地元+近隣くらいで、年間に10棟程度の施工件数となります。
それから最近増えているのが、全国規模の工務店のフランチャイズとして展開している工務店です。
一方ハウスメーカーといえば、全国規模で展開しているイメージです。
両者の違いとしては、工務店の方が自由度が高い一方で、現場の大工さんの力量によって品質が変わってきたり、工期が前後します。
一方でハウスメーカーは、ある一定の水準の住宅を建ててくれるし、工期も一定です。
しかし、その分自由度は少なく、自分なりの特色を出すことが難しいというデメリットもあります。
工務店とハウスメーカー、それぞれにメリットデメリットがあるので、あなたがどんな家に住みたいのか、将来どんな生活をしたいのかをしっかりとイメージすることがとても大切です。

PageTop