耐震補強磯子S邸-B屋根編|

横浜磯子区の松下工務店
新築お問合せ
リフォームお問合せ
外壁リフォーム
第1回S様邸耐震工事兼全面リフォーム
−屋根編ー
横浜市の木造耐震補強促進事業を利用して、耐震補強を実現
松下工務店のホームページでお付き合いがはじまったS様。
当初、新築建て替えで計画を練っていきました。しかし、狭小敷地の為、思い通りのプランがかなわず、また、金銭的な面もあり、横浜市の最大225万円の耐震補強が助成対象のことから、耐震補強を兼ねた、全面リフォームに計画変更いたしました。
主な概要
@柱・桁など構造体のみ残し全面解体
A横浜市耐震補強の助成金を利用した耐震改修 基礎3か所 構造壁12か所 屋根葺き替え
B床・壁・階段等、全て下地から改修
C水回り(浴室・キッチン・トイレ)全て改修
D屋根の葺き替え工事(瓦からコロニアルへ)
外壁リフォーム
外壁リフォーム

■横浜市磯子区 S様邸 耐震補強工事

施工前の耐力診断では、0.10
補強後の耐力数値では、1.09となります。

屋根工事
@既存瓦取り外し
A構造用合板貼付け
Bルーフィング貼付け
Cコロニアル葺き

建物種別・築年数 木造二階建て  
築50年(昭和56年以前)
49.24u(約15坪)
工事規模 基礎部3箇所
構造部12箇所
屋根葺き替え
工事期間 3ヶ月 工事費用 耐震工事約340万円
リフォーム工事660万円
225万円補助

工事前

屋根を軽量化することは、耐震補強を行う上で、大変有効といえます。重たい瓦は、建物の負担を大きくし、東日本大震災の時もあったように、棟瓦が落下するケースも多々生じます。
今回の耐震補強でも、重たい瓦から、軽いカラーベスト(コロニアル)に変更することが、補強のポイントの1つとなりました。
今回は、切妻屋根で、10坪程なのでルーフィング(防水紙)まで、1日で工事しました。それでは、各工程を説明します。

S邸

瓦解体

S邸

丁寧に、瓦を1枚づつ、取り外します。

瓦解体

S邸

取り外す際、垂木などの普及を確認します。

解体後、清掃

S邸

丁寧に清掃します。

解体終了

S邸

なるべく、既存の防水紙を痛めないようにします

構造用合板貼付け

S邸

厚さ12oの構造用合板を貼り付けます

構造用合板貼付け

S邸

新規ルーフィング(防水紙)の敷込や、新規コロニアルの貼付けに、とても有効です。

ルーフィング

S邸

ルーフィングを敷込ます。

ルーフィング

S邸

重ね幅を守りつつ、貼り付けます。

完成

S邸

コロニアル葺き完成

完成

S邸

雪止めも取付ました

横浜の松下工務店では、皆様からのお見積りやお問合せをお待ちしています。
他の工事事例を見る
お問合せ・お見積りフォーム

このページの先頭に戻る