耐震補強磯子S邸-@基礎編-|横浜市磯子区S様邸 耐震補強(外壁)工事のご紹介

横浜磯子区の松下工務店
新築お問合せ
リフォームお問合せ
外壁リフォーム
第1回S様邸耐震工事兼全面リフォーム
−基礎編ー
横浜市の木造耐震補強促進事業を利用して、耐震補強を実現
松下工務店のホームページでお付き合いがはじまったS様。
当初、新築建て替えで計画を練っていきました。しかし、狭小敷地の為、思い通りのプランがかなわず、また、金銭的な面もあり、横浜市の最大225万円の耐震補強が助成対象のことから、耐震補強を兼ねた、全面リフォームに計画変更いたしました。
主な概要
@柱・桁など構造体のみ残し全面解体
A横浜市耐震補強の助成金を利用した耐震改修 基礎3か所 構造壁12か所 屋根葺き替え
B床・壁・階段等、全て下地から改修
C水回り(浴室・キッチン・トイレ)全て改修
D屋根の葺き替え工事(瓦からコロニアルへ)
外壁リフォーム
外壁リフォーム

■横浜市磯子区 S様邸 耐震補強工事

施工前の耐力診断では、0.10
補強後の耐力数値では、1.09となります。

基礎工事3か所
@建物内新設基礎2.7m
A外周部新設基礎5.46m
Bツイン基礎0.45*1.365のL字型

建物種別・築年数 木造二階建て  
築50年(昭和56年以前)
49.24u(約15坪)
工事規模 基礎部3箇所
構造部12箇所
屋根葺き替え
工事期間 3ヶ月 工事費用 耐震工事約340万円
リフォーム工事660万円
225万円補助
基礎補強…@新設基礎2.7m

現況

S邸

現況は単に束石を置いただけの仕様。耐震補強計画では、基礎を新設し、新たに土台を据え付け、構造壁を設けます。

根切り

S邸

根切り工事の様子。
底盤のの幅450o以上、根入り深さを700oと設定しています。

砕石敷込・転圧

S邸

砕石材を120o敷込、転圧します

既設基礎との連結

S邸

既存基礎を目荒らししたのち、ケミカルアンカー挿入

既設基礎との連結

S邸

埋め込み深さ7D8Dを確保し、鉄筋を挿入

既設基礎との連結

S邸

上下に200oピッチ以内に鉄筋を挿入して連結

鉄筋組立

S邸

D10とD13の鉄筋を300oピッチに設計通りに組み立てます。

鉄筋組立

S邸

かぶり幅(立上り40o底盤60o)に注意し、組み立てます。

アンカー据え付け

S邸

生コン打設前に、アンカーボルトを先行して据え付け

通気口補強

S邸

通気口補強の様子

完成

S邸

仮枠を施工後、生コン打設

完成

S邸

養生期間を経て仮枠をバラシ、完成

基礎補強…Bツイン基礎0.45*1.365

現況

S邸

根切り

S邸

砕石敷込・転圧

S邸

鉄筋組立

S邸

鉄筋組立

S邸

完成

S邸

横浜の松下工務店では、皆様からのお見積りやお問合せをお待ちしています。
他の工事事例を見る
お問合せ・お見積りフォーム

このページの先頭に戻る