耐震補強磯子S邸A構造壁編|横浜市磯子区S邸耐震補強工事施工事例をご紹介

横浜磯子区の松下工務店
新築お問合せ
リフォームお問合せ
外壁リフォーム
第2回S様邸耐震工事兼全面リフォーム
−構造壁編ー
横浜市の木造耐震補強促進事業を利用して、耐震補強を実現
松下工務店のホームページでお付き合いがはじまったS様。
当初、新築建て替えで計画を練っていきました。しかし、狭小敷地の為、思い通りのプランがかなわず、また、金銭的な面もあり、横浜市の最大225万円の耐震補強が助成対象のことから、耐震補強を兼ねた、全面リフォームに計画変更いたしました。
主な概要
@柱・桁など構造体のみ残し全面解体
A横浜市耐震補強の助成金を利用した耐震改修 基礎3か所 構造壁12か所 屋根葺き替え
B床・壁・階段等、全て下地から改修
C水回り(浴室・キッチン・トイレ)全て改修
D屋根の葺き替え工事(瓦からコロニアルへ)
外壁リフォーム
外壁リフォーム

■横浜市磯子区 S様邸 耐震補強工事

施工前の耐力診断では、0.10
補強後の耐力数値では、1.09となります。

構造壁補強工事12か所
@筋違+構造壁 ツイン基礎・柱取替
A筋違+構造壁 土台・柱・桁新設
B筋違+構造壁 土台・柱・桁新設
C筋違+構造壁 土台取替
D構造壁
E筋違+構造壁 ツイン基礎・柱取替
F筋違+構造壁 基礎新設
G筋違     基礎新設
H筋違+構造壁
I〜K構造壁

建物種別・築年数 木造二階建て  
築50年(昭和56年以前)
49.24u(約15坪)
工事規模 基礎部3箇所
構造部12箇所
屋根葺き替え
工事期間 3ヶ月 工事費用 耐震工事約340万円
リフォーム工事660万円
225万円補助
耐震壁補強…@筋違+構造壁

現況

S邸

土台・通し柱が腐朽していました。そこで、@新設通し柱を並列して新設A腐った柱部を撤去B撤去した部分に新たに継ぎ足す、工事が補強前に必要です。

柱補強

S邸

@新設通し柱を並列して新設するため、2階桁部を切り離します。(通し柱の為)

並列新設通し柱

S邸

既設通し柱に、新規通し柱を抱かした状態

A腐った通し柱撤去

S邸

腐朽した既設通し柱を丁寧に撤去します。

継ぎ柱取付

S邸

継ぎ柱取付

S邸

ボルト締め

S邸

初めに並列して建てた柱と、継いだ柱を連結して完了です。

ボルト締め

S邸

300oピッチに連結金物で接合します。

柱脚にVP金物取付

S邸

柱脚にホールダウン金物取付

S邸

上下筋違box金物取付

S邸

柱頭にVP金物取付

S邸

構造用合板取付

S邸

P5仕様なので、柱・土台・桁に構造用合板を貼り付け、150oピッチに釘で固定します

完成

S邸

防水した下地にサイディングを貼付け完成です。

横浜の松下工務店では、皆様からのお見積りやお問合せをお待ちしています。
他の工事事例を見る
お問合せ・お見積りフォーム

このページの先頭に戻る